若槻千夏、芸能界枕営業の実態を暴露してしまう・・・

「レア度」★★★☆☆

若槻千夏、「関ジャニ∞のジャニ勉」に出演し芸能界の枕営業実態を暴露!2000年代は抱かれて消えていくタレントが多かったようです。今はSNSが一般的になってるので暴露が怖くて数は少なくってるみたいですよ。

【画像】全盛期の若槻千夏のグラビア、Tバックからア○ル見えそうでエ□いww






若槻は「私の時代が最後だと思うんですけど、“抱かれる時代”だったんです」と衝撃発言。「その後からSNSでみんながつぶやけるようになって、そういうのがなくなった」とはいうものの、「私の時代(2000年代)は、けっこう、周りが抱かれていなくなっちゃったんです」とぶっちゃけた。

若槻によると、“抱かれる”女性タレントには(1)売れようと思って抱かれに行く子 (2)良い子すぎて抱かれちゃう子--の2パターンがあるといい、「良い子過ぎて抱かれちゃう人、まだいると思うんです。長い目で見たら、続かないです。1回でも抱かれたら、2、3回その人の番組には出れます。だけど、その先がないんです」と心配そうに訴えた。

若槻自身、「相づちがうまいというだけで」ある大物のMC番組に頻繁に出演させてもらっていたが、「あるグラビア(タレントの)準レギュラー」から「あなたさ、○○さん、何回抱かれたの?」と聞かれ、驚いたことを告白。「何、その質問!何回?って聞くっていうことは、お前、抱かれとるやないかい」と思ったことを明かしていた。

引用元・ライブドアニュース 若槻千夏 売れたくても「抱かれるな」と助言…「私の時代、周り結構いなくなった」








▶続きはこちら